読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カーリング普及委員会

カーリングの情報や個人的感想を述べていきたいと思っています。カーリング普及の一助となれば幸いです。日本カーリング協会等とは無関係の非公式サイトです。

PACC予選最終日を迎えて

今後の展望を考えてみましょう。

男子は、ニュージーと台湾の2国がダークホース的に不気味ではありますが、日中韓が7勝1敗で並んだと想定して、プレーオフはどうなるのか。

おそらくはDSCの結果により順位付けがなされる事と思います。

9日終了時点でのDSCの結果はコチラ(PDFファイル注意)

現時点で韓国チームのDSCは4位。ただ、過去の数字を見ていくと、上位チームを追い越すのは厳しい状況です。恐らくは予選3位通過となると思われます。

日本と中国の差が微妙なんですよね。ただ、逆転出来るチャンスはあるのでLSDには細心の注意を払ってもらいたいところです。

といっても明日の、台湾、ニュージーランド戦を連勝する事が大前提。人事を尽くして天命を待てば自ずと1位通過してくれるものと信じています。(1位通過がなれば、中韓が3位となり準決勝でこの2チームとの対戦がなくなるので決勝進出にはかなり優位になり、また世界選手権出場が濃厚となります)

対して女子。9日の対中国戦で敗れ、残すは最終韓国戦を残すのみとなりました。

この韓国に勝利できれば6勝1敗で3チームが並ぶ事となり、DSC勝負となります。

現時点でのDSCはというと こちら(PDF注意)

日本は1m越えのLSDが4ショットあり90cm越えも2ショット、1番大きい数字と2番目がカットされても平均のDSCは中々下がらないと思います。自力でDSCを改善するのは限界がありますので、中国が最終試合に相当悪い数字が出れば日中のDSC順位は変わるかもしれませんが、韓国を逆転は難しそうです。

つまりは明日韓国に勝ったとしてもDSCで3位通過が濃厚の状況となってしまいました。

こうなると1位が中国になるか、韓国になるかで若干優位、不利が出てきます。

中韓どちらかとプレーオフでは2試合戦う必要があるのは変えようがありません。

仮に中国が1位通過した場合、準決勝は韓国との対戦となりこれに勝てば、決勝で中国に勝とうが負けようがどちらでも世界選手権出場が決定します。

この可能性が高いですが韓国が1位通過した場合、準決勝は中国との対戦となります。これに勝ったとしても決勝で韓国に勝たなければ世界選手権出場の道は絶たれる事となります。

これは来年の世界選手権の開催国が中国のため、開催国枠で中国の出場が決定しており、PACC女子に割り当てられた世界選手権出場枠は中国と後1枠。どうしても韓国を退けなければ道が無いという事からくるものです。

なので9日の中国戦は勝っておきたかったんですよね。日本が1位通過出来れば、準決勝は4位のチームですし、決勝1試合に集中する事が可能なので。まあ、こうなったらあれこれ論じても仕方ないので、以後全部勝つつもりでぶつかるしかないです。世界2位の実力を発揮しましょう。あと、念のためLSDも全力でお願いします。