読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カーリング普及委員会

カーリングの情報や個人的感想を述べていきたいと思っています。カーリング普及の一助となれば幸いです。日本カーリング協会等とは無関係の非公式サイトです。

PACC準決勝

PACC

日本男子代表チームが予選最終日に台湾に敗れるという波乱に、驚きのあまりにブログの更新が出来ませんでした。

という訳では無く、仕事と私用で試合自体を見れず書く時間も無かったという・・・、まあそんな事はどうでもいいですね。

日本女子が予選を3位通過、日本男子は4位通過と予想以上に厳しい結果で、準決勝は女子が中国と、男子は韓国と強豪チームと当たる羽目になってしまいました。

女子準決勝。

韓国vsニュージーランドは早々に勝負が決して韓国が勝利。この結果、日本は準決勝で中国に勝っても決勝で韓国に勝たなければならない難事業となってしまいました。

試合開始時間が仕事中という事もあり結果しか分かりません。既にご存知とは思いますが、完敗だったようです。

ショット率

スコア01.jpg

2人がショット率50%というのは、昨年の世界選手権を見ているだけにちょっと信じられない数字です。何が原因なのかは分かりませんけど、今季のブラシの仕様ルール変更が影響していると思われても仕方ないところでしょうか。元々スウィープ力は道銀チームや中部電力よりも劣っていただけに、ブラシ変更の影響は大きかったのかもしれません。

幸い今年の世界選手権で準優勝しているおかげで、現有のオリンピックポイントだけでも平昌五輪出場は有力ではありますが、LS北見はこの状態のままでは日本選手権等の国内選考で苦戦を強いられそうです。

男子準決勝は両端のシートを使用して2試合同時に行われました。

2位vs3位対決となった中国vs台湾は、実績通りに中国が大差をつけて完勝しました。台湾は3位決定戦で世界最終予選(オリンピックポイントで出場のかなわなかった国によるオリンピック出場最終予選。過去4年の世界選手権出場国など出場には一定の条件が必要)の枠をかけて韓国と対戦します。3位に入れば最終予選に出場できますので、台湾チームは死に物狂いで韓国に挑んでくると思われます。

さて、1位vs4位対戦の韓国vs日本。

正直なところ、韓国チームとしては「1位通過したのに何で相手が日本なんだよ」と思っているでしょう。まあこればかりは計算して戦う事は出来ないですからね、仕方ないところです。日本は、台湾に負けて予選1位通過が有力であった筈が4位通過。試合直後はかなり気分は落ち込んでいたと思います。ただ、救いであったのが相手が予選で勝利した韓国であった事。女子とは違って、気持ちの切り替えはしやすかったかもしれません。

試合序盤は、日本が神がかり的(神ってるって言葉は嫌いなので使いませんが)に面白い位ショットが決まり、先行スタートながら優位に試合を運びました。第4エンドでスチールされてリードを許しますが、得点差は僅か1点であった為、昨日のように焦りはほとんど無かったと思います。

試合を決定づけたのは第8エンドで2点をもぎ取ったところですが、第6エンドに大量失点のピンチを脱してブランクでやり過ごせたのは大きかったです。

今大会一番の試合と言っても過言では無い位に、終始緊迫した試合内容でエキストラエンドにもつれ込む大接戦。日本が延長戦を制し、決勝進出を果たし同時に来年の世界選手権への出場を決定しました。

さらには、これで現在9ポイント確保しているオリンピックポイントに上積みすることが確定。9位以上を確保すれば、安全圏の13ポイントに達して、男子では長野五輪以来20年ぶりのオリンピック出場が決定します。昨季4位であった日本代表チームですから、ほぼこれでオリンピックへの出場が決まったと言って問題ないでしょう!

選手たちが涙ぐむのも分かります。

日本代表チームであるSC軽井沢クラブを応援し続けて7年。中部選手権で敗退し、日本選手権すら出場出来なかったどん底の時も知っているだけに個人的にも感慨深いものがありますね。本当におめでとうございました。