読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カーリング普及委員会

カーリングの情報や個人的感想を述べていきたいと思っています。カーリング普及の一助となれば幸いです。日本カーリング協会等とは無関係の非公式サイトです。

第34回日本カーリング選手権 2日目

今日のこの1試合はLS北見vs札幌学院大学

 

男子の札幌vsチーム北見も面白い試合だったと思うのですが、何せ第8-9エンドしか見れなかったもので。

 

LS北見は第1エンドで3点を取ると第3エンドでも大量得点のチャンス。藤澤選手のラストショットが決まれば4~5点を取って試合を決められたところでしたが、これを決めきれずに2得点。それでも5-1で大量リードだったのですが、この一投で試合の流れが変わり始めました。

第4エンドでも藤澤選手のラストショットがスルーしてしまい札幌学院大学が2得点。さらに第5エンドでも札幌学院大学北口選手のラストショットが絶妙に決まって1点をスティールして4-5。序盤の楽勝モードから一転して緊迫した試合展開になり、流れは俄然札幌学院大学に。

LS北見はこの試合通して中々ショットが決まらず、中盤から後半にかけては防戦一方という非常に苦しい試合でした。対して札幌学院大学は、中盤以降は押しながらも、もう1点が取れなかった。第7、9エンドで2点取れるチャンスをモノに出来ていればLS北見に与えるプレッシャーも違ってきただけに惜しまれる試合でした。

北見 30200 1010x 7

札学 01021 0101x 6

ただ、世界2位のチームにあわやという試合を見せてくれた札幌学院大学は、今後面白そうな存在になりそうです。対してLS北見はかなり課題が残る試合内容でした。

 

ところで本ブログで個人的に押していた男子チーム岡山CAですが、昨年の日本選手権1位~4位の上位チームと立て続けに当たりながら2勝2敗で乗り切りました。プレーオフ進出には明日の午後のチーム北見戦が大きなカギとなりそうです。